2013年05月29日

ありがとうございました。

pic.jpeg

【京都女子10の手しごと展】無事終了致しました。
連日たくさんのお客様にご来場頂きとても嬉しい6日間でした。

共通のお題が「五月礼讃」に決定したのが今年の初め頃。
それ以降、どの作家さんがどんな作品をつくっているかは知らないままの日々。

風の便りで「彼女は新しい事に挑戦するらしいよ。」とか
「いつもと雰囲気の違うモノ作ってるみたい。」なんて聞こえてくるものだから
その度に背筋をシャンと伸ばして制作を進めました。

そして搬入の日。
作家全員の作品が並んだ会場からは
京都女子の「本気」がビシビシと伝わってきました。
(ホントにビシビシって音が聞こえてくるくらいに。笑)

賑やかに開催されたレセプションのあと、
全作家が自分の作品について説明をする時間がありました。
展示されている作品の力も勿論素晴らしいのですが
お話を聞く事で作家さん自身の魅力もプラスされより輝いて見えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

始まりは昨年秋に発売された雑誌「Hanako」の京都特集でした。
10組をコーディネートされた文筆家の高橋マキさん。
あの誌面がなければ絶対に実現しなかった今回の展覧会。
最初のきっかけを作って下さりありがとうございました。

そして、「誌面だけで終わらすのはもったいないと、
リアルな展覧会を企画して下さったクオリアデザイン事務所さん。
皆さんの行動があったからこそ素晴らしい展覧会が開催出来たのだと思います。
ありがとうございました。

マキさんクオリアさん、実行委員としての活動もお疲れ様でした。
心より感謝しております。

そしてそして、ご来場下さった皆さま。
足をお運び頂き本当にありがとうございました。

10組の作家のひとりとして参加出来た事、本当に幸せでした。
posted by aflo at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68566325

この記事へのトラックバック