2014年01月17日

美術館に出品

AdobePhotoshopExpress_20140117163103.jpg

今回ご縁があり、栃木県「小山市車屋美術館」主催の展覧会に出品させて頂きます。
美術館への出品は初めてなのでどのような展覧会になるのかとても楽しみです。

アフロプリュスの拠点である京都からは随分遠い地ではありますが、
3月に開催する個展で東京を訪れた際に、足を伸ばしてみようかなと思っています。
(個展会場の恵比寿からは電車1本で行けるようです!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ワタシを容(カタチ)作るモノ ーデザインクラフトからの提案ー】

「モノを選択し、モノを購入する、どのように使うか」
という毎日行われる日常の何気ないアクションは、
自分の自己表現であり、自分が描く自分と社会への
投票の1つだと思います。

本展では、今という同じ時を生きる作り手がつくる、
生活を取りまくさまざまなモノを展示します。
この形に惹かれる、この色が好き、といった色んな発見から、
その源はどこにあるのかを考えてみて下さい。
自分を発掘することになるでしょう。

(展覧会概要より抜粋)

2月1日(土)〜3月23日(日)
9:00〜17:00(入館は閉館30分前)
休館日/月曜日・第4金曜日・2月12日
小山市立車屋美術館
栃木県小山市乙女3-10-34
TEL:0285-41-0968
観覧料/一般400円(300円)高校・大学生250円(150円)中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じモノでも素材や形や色のどれか1つが違うだけで
全く印象が変わって見えたり
単純に「好き」「嫌い」が分かれたりしますよね。
確かにその源ってどこなのでしょう。

今回は作り手側である私もやはりモノをつくる時に素材や道具を選んでいます。
素材に関しては作品のイメージに近い質感や色が重要で、
道具に関しては使い心地が良いか、手に馴染むかなどで選びます。

今、座っている場所からクルっと辺りを見回してみるだけでも
色んなモノに「自分」がたくさんつまっていますね。
これが、自分を発掘してるという事でしょうか。

本展覧会には18組の作家が参加しています。
つくるモノは様々なのですが、そこへと辿り着くまでのこと、
それぞれの源はどこなのかなどを聞いてみたくなりました。

AdobePhotoshopExpress_20140117163144.jpg
posted by aflo at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85524067

この記事へのトラックバック